シリコンスチーマー通販ナビ - 製品比較と口コミ好評レシピとは?TOP > 基礎知識 > 使い方のコツ@

使い方のコツ@

 

あなたは、シリコンスチーマーを上手に使いこなしていますか?

 

シリコンスチーマーで加熱調理をする場合は、電子レンジやオーブンの中にシリコンスチーマーをそのまま入れて調理することになります。

※ただし、オーブントースターでは使うことができません。

 

まず、大事なことはきちんと電子レンジのワット数を把握しておくことです。

 

オーブンを使用する場合には、予熱温度を把握しておくことも大事になります。

 

電子レンジの場合は、機種ごとに出力ワット数が異なるので、きちんとご家庭でお使いの出力ワット数を確認してから、加熱時間を確認するようにしましょう。

 

オーブンで料理する場合は、シリコンスチーマーは220℃まで対応可能です。

 

調理前に、温度設定を確認してあらかじめ予熱しておくようにしましょう。

 

では、代表的な野菜を電子レンジで加熱した場合にかかる目安時間を示しておきますね。

 

☆電子レンジの出力ワット数が600Wの場合。

 

・にんじん大1本分で加熱時間―3分

 

・大根を小2分の1本分で加熱時間―6分、4分の1本―3分

 

・じゃがいも中4個分で加熱時間―7分、小5個分―4分

 

・かぼちゃ4分の1個分で加熱時間―6分、8分の1個分―3分

 

・ホウレンソウ2分の1束で加熱時間―2分

 

・もやし1袋で加熱時間―3分

 

・ブロッコリー小1株なら加熱時間は4分

 

電子レンジで加熱する場合には、シリコンスチーマーの中に野菜と一緒に水を大さじ1〜2分の1杯程度を入れましょう。

 

電子レンジを600ワットに調整できない場合は、ワット数に応じて加熱時間を加減するようにして下さい。

 

これらの加熱目安時間は、電子レンジの機種の違いや食材のカット方法の違いなどでも若干の差が出るので、様子を見ながら調理して下さいね。

 

基礎知識記事一覧

使い方のコツ@

あなたは、シリコンスチーマーを上手に使いこなしていますか?シリコンスチーマーで加熱調理をする場合は、電子レンジやオーブンの中にシリコンスチーマーをそのまま入れて調理すること...

使い方のコツA

あなたは、シリコンスチーマーの使い方を知っていますか?加熱調理をする時のコツとして、シリコンスチーマーの中に少しの水を入れることを決して忘れないようにして下さいね。...

調理の特徴について

あなたは、調理の特徴について何か知っていますか?調理をする際にシリコンスチーマーの特徴を知っておくことで、より便利に使えるようになりますよ。シリコンスチーマーの特徴...

お手入れについて

あなたは、今までにシリコンスチーマーを使ったことはありますか?こちらでは、普段どのようにシリコンスチーマーのお手入れしていけばいいのかについて、ご紹介していきたいと思います...

加熱調理の手順について

あなたは、加熱調理の手順をきちんと知っていますか?加熱調理をする場合には、シリコンスチーマーの中に食材を入れていきますよね。ですが、その時入れる順番がポイントで、熱...